top of page

昭和な家再生物語・小笹の家 駐車場づくり編

更新日:2022年2月13日

昨年(2021年)から始めた福岡中央区の「小笹の家の再生」。昭和の経済高度成長期に建てられた「昭和な家」の再生です。 今回の作業は、ブロック塀を撤去して、もう一台車を停められる駐車場をつくります。


2022/01/08,09

このブロック塀を撤去して、ここに駐車場をつくります。 10日から撤去作業を始める前に、この家に以前から出入りしている大工さんとで、玄関ポーチの柱の移動等を行う。


2022/01/10 ブロック塀と門柱を撤去 きょうから造園屋さんとでの作業です。


2022/01/10 植栽の松を移動する。この家の庭木を管理(剪定等)している糸島の造園屋さんとのコラボで。 大きな松が正月新年明けに空に舞う!!。


2022/01/12 庭石の撤去(庭石は再利用)。残土の処分。


2022/01/13 アプローチの階段づくり ここからはDIYでの作業です。一度撤去した石を使っての石の階段づくりです。


2022/01/22

石畳みをつくる 残った石で、駐車場を石畳敷きにする。


一個づつ、モルタルで高さ調整しながら固定していく。全て固定出来たら、次は石と石の間の目地詰めです。


2022/01/29,30 格子と手摺りをつける 玄関前に目かくしの格子をつける。格子は既存の格子を再利用してます。




リノベ前(左)と、リノベ後(右)

久々の外構の作業です。外構の作業は、天候に左右されます。今回も天気予報とにらめっこの日々でした。 細々とした作業はまだまだありますが、数日後には車を停めることが出来るようになりました。



つづく

Comments


bottom of page