top of page

古民家再生物語・鹿央の古民家(その7)9月、10月の作業

Updated: Nov 4, 2021

明治2年築の古民家を、暮らしながら、カフェ、工房、オーデオルームのある古民家に、市井の建築家とDIYで再生する物語です。


9月の作業 2021/09/09,10

元台所の出窓部分を活かして、ミシン台、アイロン台をつくります。


耐震補強の壁は、針葉樹構造用合板12mmを張って、30×45の杉材を縦に格子状に取付けています。


2021/09/22,23,24,25 作業場、納屋に給水を設置のために、外部にあった給水栓を移動する配管作業。

洗濯場づくり

洗濯場にある既存の給水、給湯、排水管の移設のための作業。


薄汚れた壁に漆喰塗りをする。


洗濯場の土間をモルタル塗りにする。


洗面脱衣にあった手洗い器を、洗濯機の横に移設し、汚れ物を洗えるようにする。右の写真の棚は、自家製の酵素ジュース用等の棚です。


洗面脱衣の改修

洗面化粧台を撤去し、床を剥がし、窓を付けるための壁の撤去をする。


2021/10/07,08

前回からのつづきです。 アルミサッシ(透明ガラスのルーバー窓)を通販で購入し取付けました。薄暗く閉鎖的だった部屋が開放的な空間になりました。


2021/10/19.20.21,22

今回も、洗面脱衣室を中心の作業です。 洗面脱衣への建具。ロフトへの段梯子。


月末のゲストさんのための作業です。何とか間に合いそうです。


腰板のサンダー掛け。


広縁の補修



ストーブの煙突取付けの準備



つづく

Коментарі


bottom of page