top of page

古民家再生物語・岡垣波津の小屋 外壁の改修

農機具小屋をみんなの遊び場に再生中。

これまでの作業


西の壁

2024/03/27 

今回は西側の外壁の改修です。

錆びてボロボロなトタンを一旦外し、明かり取りと窓を設ける作業です。

トタンは傷んだ部分をカットして再利用します。窓とその上部をポリカにして、風と光が入るようにします。

使えるトタンと窓の大きさが限られているので、トタンの寸法を決めるのに苦労しましたが何とか納まり安堵しました。 トタンは錆びた部分を内側にして張りました。


作業前の小屋(西側の壁)


傷んだトタンを一度全て外す。


窓は事前(前回)に内側から設置してます。窓は風を、窓の上部はポリカ張りにして光を入るようにしました。外壁は張ってあったトタンを傷んだ部分をカットして裏返して再利用しました。



左・着工前と、右・作業完了後


内側からの景色



東の壁

2024/04/25 今回は東側の外壁です。

ボロボロになったトタンを剥がして、杉板の鎧張りにします。


剥がした波トタンは再利用するので、丁寧に剥がします。


鎧張りにします。 横張りなので、縦胴縁で下地をつくる。 杉の野地板を木部保護塗料を塗って張ります。


今回はここまで。


2024/05/02 前回(東側の外壁)のつづきです。




「波津の小屋」の着工前(左)と、今回の作業後の「波津の小屋」



北の壁

2024/05/23,24

錆びて穴が空いたトタンを応急処置で繕った外壁。


傷んだトタンを一旦剥がす。上部の明かり取り用の波ポリ板も外す。

既存のトタンを剥がす作業を追いかけるように、剥がしたトタンの使える部分を切り取り、それを錆びてない裏側を表にして張ることにしました。


上部にはやはり明かり取りとして、剥がした波ポリ板を再利用して張ります。


丁寧に剥がした波トタンを裁断。


作業2日目


今回の「北の壁」

着工前(左)と改修中(右)


次回の作業は、いよいよ4面目の「南の壁」の改修です。


2024/06/24,25

南の壁

この壁も張ってあるトタンを一旦外して、北面の足らなかった部分に再利用します。

南の壁には15×180×2000の野地板を縦に張ります。













今回(6月の作業)の作業はここまで。



つづく

Comments


bottom of page