top of page

古民家再生物語・八女郡広川の古民家再生プロジェクト 床上浸水した床の補強修復

2023/08/27,28

床上浸水をきっかけに傷んだ床を補強修復することにしました。

大引、根太を全て解体撤去します。


全て撤去



この部屋の大引、根太は全て新調しました。


2023/08/28

捨貼りは針葉樹構造用合板12mm張りです。

災害時に支給された竹炭を通気性のあるネットに小分けして大引きの上に取付けることにしました。

今回はココまで。

この上にタタミの下板を張る予定です。




2023/09/24,25 床上浸水の改修作業のつづきです。

今回は座敷の床の改修です。

傷んだ根太の取替え、不陸の調整を行う。根太は旧茶の間の根太を再利用。


畳下には杉の荒板を再利用し、足らずは購入する。


旧茶の間の床の改修 根太の不陸調整、傷んだ部分を取替え、その上に根太で高さ調整をする。






納戸(物置) 畳(4帖)は、床上浸水で処分したので板張りにします。



2023/11/26,27 茶の間部分の床板張り

ここも、掘りごたつ付きのタタミ敷きだったのですが板張りにしました。板は畳下の板を再利用しました。






つづく

Comments


bottom of page